笛の心,得和の音,篠笛,横笛,福原百之助

擬宝珠

擬宝珠

 

むかし、中国は石州というところに

 

張という笛の名人がいて

 

夏の月夜に笛を吹いていると

 

紫雲がたなびき

 

天女が降りてきました。

 

天女は美しい笛の音を

 

受け継いでくるようにという

 

月の宮殿の姫君からの使者でした。

 

天女は耳を澄まして聞き入っていましたが

 

天に帰ろうとした時

 

張は今宵の思い出に何か残してくれるよう頼んだところ

 

彼女は玉のかんざしを抜いて投げ与えました。

 

そのかんざしの落ちた辺りから咲いた花が

 

擬宝珠(ゆり科の多年草)

 

 

 

 

 

擬宝珠関連エントリー

日本昔話 笛吹き名人の話
45年の笛職人が作る本物の笛、音にこだわり、高音から、低音まで繊細で澄んだ音を追求、横笛、日本の笛に挑む。匠の技で丹精込め作り上げる笛
老松の笛 「あこや姫」
45年の笛職人が作る本物の笛、音にこだわり、高音から、低音まで繊細で澄んだ音を追求、横笛、日本の笛に挑む。匠の技で丹精込め作り上げる笛
青葉の笛伝説
45年の笛職人が作る本物の笛、音にこだわり、高音から、低音まで繊細で澄んだ音を追求、横笛、日本の笛に挑む。匠の技で丹精込め作り上げる笛
日本の民話 笛
45年の笛職人が作る本物の笛、音にこだわり、高音から、低音まで繊細で澄んだ音を追求、横笛、日本の笛に挑む。匠の技で丹精込め作り上げる笛
横笛紋太の話
45年の笛職人が作る本物の笛、音にこだわり、高音から、低音まで繊細で澄んだ音を追求、横笛、日本の笛に挑む。匠の技で丹精込め作り上げる笛
寒竹の笛
45年の笛職人が作る本物の笛、音にこだわり、高音から、低音まで繊細で澄んだ音を追求、横笛、日本の笛に挑む。匠の技で丹精込め作り上げる笛
牛若丸
45年の笛職人が作る本物の笛、音にこだわり、高音から、低音まで繊細で澄んだ音を追求、横笛、日本の笛に挑む。匠の技で丹精込め作り上げる笛
源氏物語の世界
45年の笛職人が作る本物の笛、